一般演題申込み メニュー



  3.発表形式・時間

      
  • 1.発表について

  •  1)WEB配信
       本学術大会はWEB配信での開催となります。
     2)映像収録会場
       ホテルグランドヒル市ヶ谷 Hotel Grand Hill Ichigaya
       〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町4-1 TEL:03-3268-0111
       JR市ヶ谷駅、都営新宿線市ヶ谷駅、東京メトロ有楽町線、
       東京メトロ南北線 市ヶ谷駅 徒歩3分
       ※一般演題者のみ映像撮影・配信会場へご来場いただき、
        演題学術大会が用意したPCにデータをいれて発表となります。
       ※感染対策を徹底するために、一般参加者および共同演者の
        会場へのご来場及びご入場をお断りしています。
     3)発表形式
       口演(口頭発表)です。
     4)発表時間
       一般演題の発表時間は8 分、入れ替え2 分の計10 分です。
       制限時間を厳守して下さい。
     5)質疑応答
       当日WEB上での質疑応答は行いません。
       質問事項がある方は
      @学会終了後【2日以内】に学術大会事務局までメールを送ってください
          学術大会事務局 E-mail:hs36@bell-dental.com
      A学術大会事務局から演題発表者にご質問頂きました内容を連絡いたします。
      B演題発表者は学術大会事務局から質疑のメール受信後【2週間以内】に
       質疑の回答をメールで事務局へお送りください
      C学術大会事務局は質疑を集計し、HP上で発表をし、それをもちまして
       回答といたします
     6)感染症対策について
      @本学術大会はWEB開催のため、演題発表者のみ映像撮影会場へ
       入場することができます。
       感染対策を徹底するために、一般参加者および共同演者の会場への
       ご来場及びご入場をお断りしています。
      A演者には準備時間と出演時間に限定して会場へ入室して頂き、
       それ以外の時間は会場外での滞在をお願いします。
      B感染対策の有効性を維持するため、大会長の判断により下記の対策を
       変更する可能性があります。」
    【会場内での感染予防対策】
     @ 消毒の徹底
       演者が間接的に接触する可能性のある個所(座席、パソコン、マイク等)
       については、1公演に1回ごとにアルコール消毒を行います。
     A 換気の徹底
       施設規定にのっとり会場の換気を行います
     B 座席間の空間の確保
       各座席間で50cm以上の距離を確保するよう配置します。
     C 運営スタッフとの接触防止
       ご挨拶時や検温時等に、演者と運営スタッフが直接に、または、検温器を
       通じて、演者と接触することがないように応対させていただきます。

    【運営スタッフの感染予防対策】
     @ 出勤前の検温・確認
     A 体調不良時の出勤停止
     B 会場入室時の手指の消毒の徹底
     C 1公演ごとの手指の消毒の徹底
     D マスク着用及び咳エチケットの励行
     E 演者との接触をしない応対の実施

    下記のバナーをクリックして最新内容をご確認のうえご来場ください
    新型コロナウィルス感染予防対策について」

      
  • 2.受付・スライドの受け渡しについて

  •    事前にメール( hs36@bell-dental.com )にてデータをお送りください。

     1) 提出期限 : 2021(令和3)年 9 30 日()  

           23:59 までに、

    学術大会事務局にメール( hs36@bell-dental.com )にて
    データをお送りください。


     2)データ提出はストレージサービスを利用して送ってください 
        ※データ提出が期日より遅れそうな場合はご相談ください。
     3)学術大会側PC へコピーしたデータは、発表終了後、学術大会事務局が
       責任をもって消去します。

     ◆ 提出期限 : 2021(令和3)年 9 月 30 日(木) 23:59

      
  • 3.データ作成についての注意事項

  •  1) データはPowerPointで制作してください
       Macintosh の key note にて制作したスライドは、
        Microsoft PowerPointへ変換
    をお願します。
      ※変換後は文字化け文行ズレ、再生の確認を行ってください
     2)枚数:制限なし
     3)サイズ:4:3推奨(16:9でも可)
      ※4:3の場合は両サイドにブラック枠、
       16:9の場合は上下にブラックが表示されます

     4) 発表スライド:
      4-1) フォント:OSに標準搭載されているものを使用してください。
    日本語
    MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝、 メイリオ、Meiryo UI、游ゴシック、游明朝
    英 語
    Times New Roman、Arial、Arial Black、 Arial Narrow、Century、Century Gothic、 Courier、Courier New、Georgia
      4-2) スライドの作成要領
    Microsoft PowerPoint
    (推奨)
    Windows版2019
    Windows版:2013/2016/2019/office365
    Mac版:2016/2019/office365
    Macintoshの
    Keynoteをご利用の方
    Keynoteにて作成したスライドは、
    Microsoft PowerPointへ変換の上、
    文字ズレ等の再生チェックを行ってください。

     5)発表データには以下を含めて作成してください。
       ・タイトルスライド(セッション名、演題番号、演題名、演者名、所属)
       ・COI(利益相反)開示についてのスライドを必ず入れてください。
     6)動画は使用しないで下さい。
       ただし、パワーポイントのアニメーションは可です。
     7)発表会場のPC からインターネット接続はできません。
       ホームページへリンクする場合は、動作しませんので、
       ホームページの画面ハードコピーをスライドに取り込むなど工夫して下さい。

      
  • 4.発表データの操作、その他

  •  1)会場に準備されたパソコンに収納された発表データの操作は、
       発表者自身で行ってください。
     2)不測の事態に備えて、必ずバックアップデータをUSBメモリーに収納して
       持参して下さい。
     3)USBメモリー内の全ファイルについてウイルスチェックを必ず行って下さい。
     4)OHP、35 oスライドは、利用できません。

      
  • 5.COI(利益相反)開示のお願い

  •  1)当日のご発表時に利益相反(COI)についての情報開示をお願い致いたします。
       (全演題該当)
     2)該当するCOI状態について、発表スライドの最初に提示してください
     3)利益相反(COI)自己申告に関するスライドは、
       下記よりダウンロードすることができます。

     COI(利益相反)開示用ひな形スライド

    COI(利益相反)開示を行ってくださ